1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神様からのお小言

東日本を襲った先の大地震より3年8か月が経ちました。
復興が進んでいますが、未だに苦しんでいる方々がおられることを大変心苦しく思っております。

今回は、以前に神様からいただいたお小言を書きたいと思います。
このことを書こうかずっと悩んでいたのですが、意を決し、1が並ぶこの日時にブログで公開したいと決心した次第です。
長文ですが、お付き合いいただければ幸いです。

この地震では、多くのことを学びました。
一例ではありますが、こんなことがあるかと思います。

日頃の備えが必要なこと。
助け合いの精神がとても大切であること。
絶対の安心安全を作りだしたり保証することは到底不可能であること。
利益や効率の最大化が大きな厄災を生むことがあること。
無理な開発はやめ、自然との共生が大切であること。

また、この時に見せた日本人の行動が、世界の人々に感動を与えたことも記憶しています。
自他を尊重し、ルールを守り、助け合いながら、粛々と行動した点が世界の多くの人に高く評価されたと思います。

地震後も、電車の間引き運行や輪番停電など、種々の対応で産業にも影響があったかと思います。

ドナ夫にとっても、上記のような教訓を得るとともに、仕事を含めた人生に関する考え方が大きく変わり、スピリチュアルな事柄を思い出す節目となりました。

しかし、地震から月日が経つにつれて、当時に思いを致したことの多くを忘れているような気がしています。

そんな折、とある週末の夜に、日頃から尊崇する神様の一柱である建御名方神(たけみなかたのかみ)様より、メッセージが来ました。

記紀での神話はともかく、建御名方神様は、この世を守護するとても大きなお力を持った存在だと思います。

スポンサーサイト
【 2014/11/11 (Tue) 】 心がけ | TB(-) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。