0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日は新月ですね。

※お詫び
新月の記事の星座が誤っておりました。
申し訳ありません。
牡羊座が正しいので、記事を訂正します。


明日4月19日の午前3時58分より、新月となります。

新月は、物事を始めるのに適した日と言われています。
また、手書きで紙に願い事を書いて、それを月に向かって読み上げると良いともされています。

願い事をする際は、新月開始から48時間以内にする必要があります。
そして、開始から8時間以内がベストと言われています。

ただし、ボイドタイムと呼ばれる時間帯を外した方が良いとされています。
この時間帯は、願い事がかなう可能性が下がるとされているためです。

今回のボイドタイムは、二回あります。
新月開始直前から同日午前6時32分までと、翌日20日の午前8時8分から21日の午前8時29分までです。
よって、19日の午前6時33分から翌日20日の午前8時7分までが願い事に適した時間となります。

ちなみに、フライングして、新月になる前に書いてはダメです。
ちゃんと新月になってから、書いて読んでくださいね。

スポンサーサイト
【 2015/04/18 (Sat) 】 | TB(-) | CM(0)

医療について思うこと。

先日、気になる統計結果をインターネットで目にしました。
厚生労働省がまとめたものです。

その資料によると、平成24年度の日本の国民医療費は、39兆円を超えています。
国民一人当たり、31万円弱かかっている計算だそうです。
国民所得における比率も11%を超えているみたいです。
ちなみに、平成24年度一般会計の税収は、44兆円弱だったみたいです。
財源は異なるものの、税収並みの額が医療費として消えている計算になります。

一方で、様々なニュースなどを拝見していると、テクノロジーの進歩と共に、医療技術も進歩していると感じます。
遺伝子治療に関しては、神に近い領域に踏み込み始めたとも言われています。
創薬についても、凄まじい速度で進歩しているようです。

しかし、病気とその治療について、もう少し考えを変えていかねばならないのではないかと感じています。
現在の医療は、病気を根治し、我々の真の健康と幸せに繋がっているのでしょうか?


以前、数日の風邪の後に、長期にわたる猛烈な咳に悩まされたことがありました。
様々な医療機関での診察を経て、最後は、呼吸器の有名なお医者様にかかりました。


聴診器
(写真は、イメージです。)

【 2015/04/14 (Tue) 】 意見 | TB(-) | CM(3)

熊野詣最終回。

過去二回にわたり、熊野詣の記事を書きました。
今回は、その最終回です。

三重県熊野市の花窟神社(はなのいわやじんじゃ)を参詣しました。
ご祭神は、伊弉冉尊(いざなみのみこと)とそのご子息の軻遇突智尊(かぐつちのみこと)です。
軻遇突智尊は、秋葉神社のご祭神でもあり、火に関係する神様ですね。

炎に包まれた軻遇突智尊を生んだ際に、伊弉冉尊は陰部を火傷し、それがもとで死んでしまいます。
妻が死んで怒った伊弉諾尊(いざなぎのみこと)は、軻遇突智尊を十拳剣で切り殺してしまいます。
なんともすごい話ですよね。。。

花窟神社


この神社の磐座が圧巻です。
磐座には、縄旗がかかっています。
各縄は、伊弉諾尊と伊弉冉尊に関する神生みでお生まれになった神々を意味するそうです。

花窟神社の磐座


磐座の下の境内に、伊弉冉尊と軻遇突智尊が祭られています。
我が子を殺す心情ってどうなんでしょうね、神様。。。

伊弉冉尊

軻遇突智尊


この他にも、熊野速玉大社や玉置神社、熊野本宮大社と大斎原を参詣しました。
玉置神社は、国常立尊や伊弉諾尊と伊弉冉尊、天照大御神など、日本をお作りになった神々をはじめ、多くの神々がおわす場所だそうです。
伊弉諾尊と伊弉冉尊のケンカを仲裁された菊理媛命(きくりひめのみこと)も祭られていました。

熊野は常に神のおわす土地。
心身を清め、特に真剣な気持ちでお参りすべき場所だと感じました。
後日、これら各社の参詣に端を発すると思しき浄化がドナ夫をおそいました。
ありがたきかな、神の愛です。。。

神々のおわす素晴らしき場所です。
機会を作って、参詣されることをお勧めします。

弥栄(いやさか)を願い、目指して。

この世が更なる愛で包まれますように。

【 2015/04/11 (Sat) 】 心がけ | TB(-) | CM(2)

熊野詣の続き。

前回の記事に続き、熊野詣について書きたいと思います。

なにせ、一泊二日で七社なので、強行軍です。
写真をおちおち撮ってもいられませんでした。。。

新宮市の神倉神社の参詣をしました。
神倉神社は、熊野速玉大社の摂社であり、天照大神様と高倉下命(たかくらじのみこと)様をお祭りしています。
そして、急な階段で有名な神社です。
雨の日だったら、ちょっと怖いなと思うような階段が続きます。

神倉神社の階段


階段は急ですが、参道は素晴らしいエネルギーで満ちていました。

神倉神社参道にて


ご神体である磐座(いわくら)は巨岩です。
拝殿にて、公私双方のお願いをしました。

この磐座は、後ほど紹介予定の花窟神社の磐座と陰陽一対をなすと言われているようです。
神倉神社の磐座が陽岩で、花窟神社の磐座が陰岩だそうです。

神倉神社の磐座

次回は、熊野詣最終回となります。

弥栄(いやさか)を願い、目指して。

この世が更なる愛で包まれますように。

【 2015/04/08 (Wed) 】 心がけ | TB(-) | CM(0)

熊野詣をしました。

先月上旬に、レイキの師匠や友人たちと共に、熊野詣をしました。
一泊二日で合計七社を巡る強行軍でした。
事前の予報では雨が予測されていましたが、幸いなことに、雨に降られることなく各社をまわることができ、有意義な参拝となりました。

その様子について書きたいと思います。

スタートとなった南紀白浜空港です。
羽田と結ぶ便は一日3便なので、乗り遅れると時間のロスが大きくなります。
ここから、車で移動です。

南紀白浜空港


まずは、熊野古道を歩きました。
熊野は神のおわす地と言われていますが、あちこちに精霊たちの存在を感じる素敵な場所でした。

熊野古道にて



その後、熊野権現に到着し、お参りしました。

熊野権現



そして、那智大滝です。
滝に観音様なのか、仏様の存在を感じました。

那智大滝


次回に続きます。

弥栄(いやさか)を願い、目指して。

この世が更なる愛で包まれますように。

【 2015/04/05 (Sun) 】 雑記 | TB(-) | CM(0)

本日は満月ですね。

本日4日の21時5分に満月となりますね。
今回は、同じくらいの時間に皆既月食も重なります。
皆既月食は、スピリチュアル的には、終わりと始まりの象徴とも言われています。
地球のアセンションに伴う、我々人類の大きな節目なのかもしれませんね。
それにしても、ここのところ、新月や満月に色々な天体現象が重なり、興味深いところです。


以前の記事で書いたように、満月は浄化に適した日です。

必要の無くなった物を手放すとともに、ご自身の感情や思考で不要なものも手放す良い機会になると思います。
塩風呂や酒塩風呂に入るのもおすすめです。

ブレスレットやペンダントなどについているパワーストーンも月の光に当てて、パワーチャージしてあげるとよろしいかと思います。

パワーストーンは、持ち主に力を貸したり、ネガティブなエネルギーなどを肩代わりしてくれています。
そのため、石自体が疲れてしまっていることがあります。

月光浴などで元気にしてあげてくださいね。

満月

また、満月に向かって財布を振ると、金運が上がるといわれています。

財布を空にした上で、財布を開いて月の光を当てつつ、以下のようなアファメーションを唱えながら月に向かって振ってみてください。

「豊かさをいただき、ありがとうございます。更なる豊かさに感謝します。」

金運が上がることを願っております。

今回の満月にあたり、以下のようなメッセージをもらいました。

【 2015/04/04 (Sat) 】 | TB(-) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。