091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャネリング対象を見極める大切さ

今日はスピ寄りの話題を取り上げたいと思います。

最近、つくづく思うのが、チャネリング先となっている対象を良く見極める事がとても大切だなということです。

なぜなら、得られる答えの質がそこに依存するためです。

以前の記事で書いたことがありますが、チャネリング、つまり、何かとエネルギー的につながり、そこから何らかの答えを得ることは割と簡単に出来ます。

といいますか、気付いているかいないかは別として、人の意思決定には、かなりの頻度で何らかの外部からの作用が働いていると思います。

理詰めで考えているつもりでも、感情というか、湧き上がってくる思いやひらめきなどが、常日頃の選択に多く寄与しているのではないでしょうか?

つまり、チャネリングで答えを得る行為は、日常至る所で起きていると思います。

何故か分からないけれども、こっちがよい気がしたのでこちらを選んだ。

なんだか今日は回り道をして帰りたい気持ちになったから、回り道をして、それにより危機をまぬがれた。

ずっと気になっていた問題の答えがふと喫茶店の隣の人の会話で示された。

ふっと、素晴らしいアイディアやメロディが浮かんだ。

などなど、枚挙にいとまはありません。

危機を免れたケースやメロディなどは別としても、得られた答えが正しいことは、どうやって証明すればいいのでしょうか?


(写真は、戸隠神社の神道)


残念ながら、答えの正誤をすぐに判定することは出来ないと思います。

本当に答えが分かるのは、その人の一生が終わってからになるのだと思います。

寄り道したら骨折をしてしまった。
そのせいで行きたかった旅行に行けなかった。
こうなると、その人はついてないなぁと感じるかと思います。

でも、そのお陰で命に関わるような事故を免れたかもしれません。
もしそうなら、とてもついていると言えます。

怪我を診てくれたお医者さんや看護をしてくれた看護婦さんと恋に落ちたら、ラッキーかもしれません。

このように、その人の人生を通して見てみないと、何がその人にとって良いのか、分からないのかなと思います。

もっと言うと、人生を輪廻転生というより大きなサイクルで考えると、余計にわけが分からなくなります。
今生の不幸は来世の幸福、あるいはその逆かもしれません。

分からないからそのままでいいという考えもあるかもしれません。
その境地に完全に至ることは、悟りに近い境地だと思います。

とは言いつつ、実際には、何らかの指針があったら嬉しいなと思うのが人情ではないでしょうか?

長くなりそうなので、続きは次回にて書きたいと思います。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2014/05/21 (Wed) 】 チャネリング | TB(-) | CM(2)
Ariane様→Re: タイトルなし
Ariane様

こんばんは~。
コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、人知では計り知れない世界の広がりを考えると、何が幸いで何が不幸かわかりませんね。
続きの記事がご期待に沿える内容となるよう、励みたいと思います。

ありがとうございます。
【 2014/05/22 】 編集
ドナ夫様、こんばんは^^

何が良い事で、何が悪い事かというのは、長期的な視点からはよく分からなくなってきますよね。
まして、あの世や来世との関係を考えると、ますます分からなくなります。
たとえば人が死ぬのは、この世では悪い事だけれど、あの世では「ようやっと帰ってきた」と言って喜んでいるんだ、というような話も聞きます。

この続きの記事も楽しみにしております^^


【 2014/05/22 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。