071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チャネリング対象を見極める大切さ その3

前回の記事で、正確な答えを得るために、チャネリング先を明らかにする大切さについて書きました。

審神(さにわ)と呼ばれるこの行為は、難しいことであることも書きました。

きちんと修行と経験を積んだ強力な霊能者であれば、審神は可能かと思います。

では、我々一般の人間はどのようにしたらいいのでしょうか?

不動明王
(写真は、イメージです。)






審神そのものは難しいのですが、実は、手掛かりはあります。

それは、メッセージの内容や受け取った時の状況から、答えの正誤を判断するというものです。

高位の存在からメッセージを受け取る時やその内容には、以下のような特徴があります。

・質問は真摯な態度でしたか?

・手前勝手なものではなく、成長に繋がり、自他に幸せをもたらすような答えを望んでいたか?

・メッセージを受け取った際のシチュエーションとして、追い込まれて余裕がなかったり、我欲にまみれた状態ではなく、清々しい気持ちでいたか?(例外として、緊急避難的に、危機的な状況から高位の存在が助けて下さる時もあります。)

・高位の存在は、むやみに自分の名前を名乗らない事が多い。
 (我は~の神であるというような事は、ほぼ言わない。)

・高位の存在からのメッセージは、はっきりとしたイメージや文章ではなく、割と曖昧でボンヤリとしていたり、ザックリしたもの、短い単語である事が多い。そして、抽象的であるが故に、沢山の意味を含んでいる。時に、古語などを交えてくることもある。

・高位の存在からのメッセージの内容は、厳しくも愛がある。


結局は、受け取り手である我々の心掛け一つで、チャネリング先が決まることになります。
つまり、類は友を呼ぶと言えると思います。

そして、メッセージが抽象的であるが故に、受け取り手である我々の理解により、その内容が大きく変わってしまう可能性を秘めています。

素直な心で受け取れるか?
あるいは、執着などにより、曲解してしまうのか?
常日頃から、自他に恥じない行いを心掛け、素直に物事を受けとることが、正しい選択を引き出すことに繋がっていくのだと思います。

な~んだという感じかと思いますが、言うは易し、行うは難しの典型です。

ドナ夫は、これからも精進し、少しでも皆様にお役に立てるメッセージを発信して行きたいと考えております。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2014/05/25 (Sun) 】 チャネリング | TB(-) | CM(6)
Re: まーさん様
まーさん様

コメントありがとうございます!
記事が少しでもお役に立てれば幸いに思います。

自分で書いておいてなんですが、まさに行うは難しですよね、確かに。
ただ、人格は霊格にも繋がると言われており、是非向上させて行きたいことだと思っています。

お互い、頑張りましょう!
ありがとうございます。
【 2014/05/27 】 編集
3回の記事、とても興味深く読ませていただきました!
修行した身ではない我々が、高次のメッセージをどう受けとるか、とても分かりやすく説明いただき、心にストンと落ちました。爽やかな風が吹き抜けたようです。

「常日頃から、自他に恥じない行いを心掛け、素直に物事を受けとることが、正しい選択を引き出すことに繋がっていくのだと思います。」
まさに行うは難しですが(汗)ワタクシも水の如く素直に清々しく生きていけたら、と思います。
【 2014/05/27 】 編集
Re: Ariane様
Ariane様

詳細なコメントありがとうございます!
哲学と似たような部分があるんですね。勉強になりました。

メッセージに関して、高い次元に行くほど、とても抽象的で分かりづらくなる傾向にあるようです。
神々からすると、人間が悩んでいる内容が良く分からないらしいとスピの師匠から聞いたことがあります。

仏教でも、大日如来などの化身として、不動明王などの明王部として仏が次元を落としてやってきて、我々を救うと聞きます。

ハイヤーセルフや守護霊、守護天使を経由して、上手く良いバランスでメッセージをもらえるのが一番いいかもしれませんね。

自他に幸せをもたらし、成長につながりつつ、日々を幸せに生きられることが、一番大切なことなんでしょうから。

記事にお付き合いくださり、ありがとうございます。
これからも色々とご教示いただけたら嬉しく思います。
ありがとうございます。
【 2014/05/26 】 編集
おはようございます^^
とても興味深く読ませて頂きました!

審神という行為は哲学と似ているかもしれないと思いました。
哲学が何をやっているかと言うと、ただ見えたり聞こえたり(一般的に認識)するまま、そうだと思うのではなく、見えるとか、聞こえる(認識する)というのが、どういう事なのかを考える視点に立つのです。
哲学的に言っても、認識される事は、認識する仕方に応じたものだということになりますから、スピリチュアルな認識についても、今回、ドナ夫様がおっしゃっている通りだと思います。

そして、この点の自覚がないと、一般的に何等かの情報や知識にしても、スピリチュアルなメッセージにしても、受け取るままに騙されるという事がいくらでもあるんじゃないかと思います。
そういう意味で、ドナ夫様のご指摘は非常に有意義だと思います。

私が昔、心霊科学協会に行っていた事は前に書きましたが、そこの霊能者で、個人的に今でもお付き合いさせて頂いている先生から頂くメッセージが、抽象的で、いろんな意味を含んでいるので、高位の存在からのメッセージについてドナ夫様のおっしゃっていることが、よく分かるような気がしました。
その先生から頂くメッセージは、後から読み直して、ようやく意味が分かるような事も、よくありました。
心霊科学協会には、もっと分かりやすく、何処へ行けとか、どういう先祖がついているとか仰る先生もいらして、少なくとも私が行っていた頃は、そういう先生の方が人気があったのですが、その種のメッセージは、結局、それで終わってしまって、あまり人間的な成長ということにつながらなかったように思いました。
【 2014/05/26 】 編集
Re: 凛様
凛様

コメントありがとうございます!
一人だと二役をこなさねばならないので、おっしゃるように難しいですよね。

判断の仕方は人それぞれかと思います。
自分も、もらったメッセージを「ん?」と思う時があります。

そう言う時は、記事にはしないようにしています。

いずれにせよ、自分の今を写す鏡であり、学びの一つではあるのかもしれません。
でも、出来うるなら、なるべく良い方向に早く気付いて、動いて行きたいなと思います。

凛様はキチンと姿勢を整え、また、良いお仲間がいらっしゃるので、しっかりとしたチャネリングをされておられるのかなと思います。
もちろん、どんな方でも、油断は禁物ではありますが。

そろそろお産も近いですよね?
ご自愛くださいね。
【 2014/05/26 】 編集
面白いシリーズをありがとうございました。

ペアせ動き、審神者役の方に確認していただく方々もいらっしゃるようですが、一人だとなかなかそうはいかないなぁと思っていました。

実際に自分が得たメッセージを審神者するのは難しいですよね。
私の場合、自分の中にある「確信」というか「妙なしっくり度」を基準としていますが…。
【 2014/05/25 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。