091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大祓に行きました。

週末に、近所の神社で大祓(おおはらえ)があり、家族で行ってまいりました。

大祓は、6月と12月の年二回あり、今回の6月のものは、夏越し(なごし)の祓とも呼ばれるものです。

12月、つまり年末に行われるものは、年越しの祓とも呼ばれるようです。

大祓の際には、写真のような茅の輪が本殿に至るまでの道に置かれていることが多いかと思います。


(写真は、茅の輪のイメージです。)




茅の輪はくぐり方があります。

まず、輪の前で一礼をして、左足から踏み出して輪をくぐり、左の方向に回って、くぐる前の位置に戻ります。

次に、輪の前で一礼をして、右足から踏み出して輪をくぐり、右の方向に回って、くぐる前の位置に戻ります。

再度、輪の前で一礼をして、左足から踏み出して輪をくぐり、左の方向に回って、くぐる前の位置に戻ります。

最後に、一礼をして、左足から踏み出して輪をくぐり、そのまま輪を直進して抜け、本殿に向かいます。

茅の輪を中心に、無限大のマークを描くように動く形となります。
そして、この所作により、穢れを払っていただくことができます。

これに加えて、形代と呼ばれる紙に、氏名と年齢を書き、それを神社にお納めし、お祓いをしてもらう神事がある神社もあります。

訪れた神社でもその神事がありました。
なので、人型の紙に家族の名前と年齢を書き、その紙に息を三回吹きかけ、三度なで、紙を神社にお納めさせていただきました。

大祓が平日ですと、当日になかなか伺うのが難しいのですが、今回は週末であったため、この神事を受けることができました。

心身にとても良い気が通った気がします。
古き良き伝統を体験できたかなと思っています。

お近くの神社で行われているかもしれません。
その際には、是非この神事を体験してみてください。

神様はよく来たねと言ってくださるでしょうし、ご自身の心身にも良いかと思います。

世の中に良い気が満ちるように願って。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2014/06/30 (Mon) 】 浄化 | TB(-) | CM(2)
Re: まーさん様
まーさん様

コメントありがとうございます!
さすが、古き良き日本の伝統を尊ばれているまーさん様ですね。
是非、お近くの神社に参拝してみてください。

気になったり、何かで目にした時は、呼ばれている時だと思いますし。

気温差があるこの頃、お身体ご自愛くださいね。
【 2014/07/02 】 編集
夏越し(なごし)の祓、ワタクシは昨年近くの神社にて体験しました。

とても清々しく、心がスッキリした記憶があります。
神社そのものが、もともとすごいパワーを感じる場所なのですが、
いつにもまして、神様の気配というか、何かを感じました。

伝統行事にはやはり大きな意味があるのだなあと思います。

しばらくこちらの神社にお参りしていないので、近々行ってみようと思います。
【 2014/07/02 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。