0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神様からのお小言

東日本を襲った先の大地震より3年8か月が経ちました。
復興が進んでいますが、未だに苦しんでいる方々がおられることを大変心苦しく思っております。

今回は、以前に神様からいただいたお小言を書きたいと思います。
このことを書こうかずっと悩んでいたのですが、意を決し、1が並ぶこの日時にブログで公開したいと決心した次第です。
長文ですが、お付き合いいただければ幸いです。

この地震では、多くのことを学びました。
一例ではありますが、こんなことがあるかと思います。

日頃の備えが必要なこと。
助け合いの精神がとても大切であること。
絶対の安心安全を作りだしたり保証することは到底不可能であること。
利益や効率の最大化が大きな厄災を生むことがあること。
無理な開発はやめ、自然との共生が大切であること。

また、この時に見せた日本人の行動が、世界の人々に感動を与えたことも記憶しています。
自他を尊重し、ルールを守り、助け合いながら、粛々と行動した点が世界の多くの人に高く評価されたと思います。

地震後も、電車の間引き運行や輪番停電など、種々の対応で産業にも影響があったかと思います。

ドナ夫にとっても、上記のような教訓を得るとともに、仕事を含めた人生に関する考え方が大きく変わり、スピリチュアルな事柄を思い出す節目となりました。

しかし、地震から月日が経つにつれて、当時に思いを致したことの多くを忘れているような気がしています。

そんな折、とある週末の夜に、日頃から尊崇する神様の一柱である建御名方神(たけみなかたのかみ)様より、メッセージが来ました。

記紀での神話はともかく、建御名方神様は、この世を守護するとても大きなお力を持った存在だと思います。




いただいたメッセージは、とても簡潔でした。
ただ、「こい。」と。
わずか、二文字の単語です。。。

「濃い?」、「鯉」、「恋」などとボケをかます余裕などなく、日頃参拝していた近くの諏訪神社まで出頭せよとの命令です。

神様は、ドナ夫に細かい指示を出すことは普通はないので、余程のことなのだと思いました。
なので、翌朝早く起きて、近くの諏訪神社までお参りに向かいました。

神殿前で手を合わせ、ご指示の通り伺った旨をお伝えしました。
そこでは、言葉というよりはイメージでのやり取りが主でしたが、以下のようなお小言を頂戴しました。

神様:「お前は先の地震のことは覚えているな?」

ドナ夫:「もちろん、よく覚えております。痛みと共に、種々の教訓をいただいたと思っております。」

神様:「その教訓を忘れず、今も日々活かしているか?」

ドナ夫:「それなりにですが。。。(汗)」

神様:「お前だけではないが、地震で学んだこと、決意したことを忘れているものが多い。」

ドナ夫:「誠に申し訳ないことです。」

神様:「人間の持つ想念やその行いと天変地異などの出来事は連動していることを分かっているのか?お前たちは、先の地震でもう充分だと思わなかったのか?」

ドナ夫:「もちろん、もう充分です。これ以上の厄災など誰が望みましょうや。」

神様:「今は神々の力で厄災が大きくならない状態にはなっている。しかし、人間が先の教訓を忘れさり、目先の便利さや個々の利益だけを追求するような低い波動の生物にとどまるのであれば、どうなるか分からぬぞ。」

ドナ夫:「!!」

神様:「人間に目を覚まさせる手段として、お前が危惧しているような天災が現実になるやもしれぬ。それを避けるためにも、人間一人一人が当事者意識を持ち、互助の精神や自然との共生など、先の地震で学んだ多くの教訓を実践せよ。そして、このことをお前だけに秘めても意味はない。なるべく多くの人間に周知し、思い出させるようにせよ。」

ドナ夫:「お言葉、ありがとうございます。そのように努めます。」

ざっと、上記のようなやり取りでした。

とはいいつつ、正直なところ、このようなことをブログで記載することはどうなのかなと思いました。

知人・友人の中のスピリチュアルを解する人にだけは、このようなやり取りを伝え、お互い努力しようとなりました。
似たようなメッセージを受けている人もいて、自分だけに秘めるのは愚かなことだとも思いました。
とはいえ、内容が内容なので、ブログで公開することには躊躇しておりました。

しかしながら、最近の報道や世の流れを見るにつけ、やはりこのブログでも書こうと思いました。
賛否はあるでしょうが、なるべく多くの方にこのことを考えていただく方が良いと思ったからです。

実は、この日にこの内容を公開したことにも意図があります。
数秘の一つに、エンジェルナンバーがあります。
そのエンジェルナンバーで、数字の1が並ぶことにも意味があります。

例えば、1が4つ並んだ1111は、エネルギーの通り道ができ、善悪に限らず思考が現実になることを意味します。
よって、良い思考を保つことが大切だとのメッセージとなります。

天災を含む厄災を経ずとも、我々人類は、より高い波動を持って生きていくことができると確信しています。

今月22日には、いて座の新月を迎えます。
自然との共生や真実の追及、学びや楽観性などに特に威力を発揮する時です。
今まで学んだことに思いをはせ、日々の生活に活かし、この世をより良い世の中にしていきたいですね。

11月22日はいい夫婦の日でもあります。
夫婦やパートナーに限らず、より多くの他者とも良い関係を築いていきたいですね。

弥栄(いやさか)を願って。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2014/11/11 (Tue) 】 心がけ | TB(-) | CM(4)
Re: 凛様
凛様

コメントありがとうございます!
記事に共感していただき、ありがとうございます。
アセンションにより、今までは地球や神々が大目に見てくれたことも、まんまは通用しなくなっていると思います。
なので、今回の建御名方神様のお小言は、とても大切なメッセージだと感じています。

一人一人が気をつけて行きたいですね。
凛様も子育てと種々のお仕事で大変でしょうから、お身体をご自愛くださいね。

ありがとうございます。
【 2014/11/14 】 編集
神様からのメッセージをシェアしてくださり、ありがとうございます。
私達のお仕事は、事後処理みたいなものも多いのですが、このように低い波動を溜めない事前予防が本当に大切だと感じています。

月日と共に忘れがちな気持ちを思い出させてくださり、ありがとうございました。
【 2014/11/14 】 編集
Re: Ariane様
Ariane様

こんばんは~。
コメントありがとうございます!

記事内の言葉に共感していただき、ありがとうございます。
ドキドキしながら公開した記事であったので、お言葉をいただき、とても心強く感じています。

三次元で生きる以上は個を意識することはある程度仕方がないのでしょうが、行き過ぎた個人主義は、結局は各個人を不幸にするような気がしています。
公私や自他の良いバランスが取れるといいですよね。

地震はとても不幸な出来事ではありましたが、それを思い出すきっかけという一面はあったと思います。
そのことを常に忘れずにいることが大切なのだろうと思います。

そして、お察しの通り、種々の媒体から情報を得て、自分で考えることが必要な時代となりました。
以前Ariane様が記事で書かれていたように、哲学で思考を鍛えつつ、ハートで感じたことと融合し、自分なりの判断を下していくことがとても大切だと感じました。
それが、この時代に生を受けている我々の使命なのかもしれませんね。

貴重なコメント、ありがとうございます!
朝晩がとても冷える季節となりました。
お体ご自愛くださいね。
【 2014/11/12 】 編集
ドナ夫さま、こんにちは^^
「人間の持つ想念やその行いと天変地異などの出来事は連動している」というお言葉、全くその通りだと思います。

こんな事を言うと、人によっては反感を感じられる方もいらっしゃるかもしれないのですが、「国なんてどうでもいい」という想いが蔓延すると、日本の国土を守ろうとする霊的な力が弱まるんじゃないかと、あの時の地震で思いました。
個人が家族や国の犠牲にならないように、個人が大事という事ばかりが言われますが、あの時の地震で思ったのは、たまたま個人レベルで良くでも、国レベルで大変な事が起こっていて、本当にそれで良いと言えるものなのか、ということでした。

地震後に広がった互助や団結の精神を「気持ち悪い」と思っているインテリ層(!?)は、結構いるみたいですね。
そういう人たちが言論誘導する国にしてはいけないと思っています。
あ、これを書いていたら、今また、ちょっと地震みたいです・・。
【 2014/11/12 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。