0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東国三社巡り(息栖神社)

前回の大生神社の記事に引き続き、東国三社巡りの締めくくりである息栖神社について書きたいと思います。


息栖神社(いきすじんじゃ)は、茨城県神栖市息栖にあります。

息栖神社の二の鳥居





ご祭神は、久那戸神(くなどのかみ)様で、岐神とも書かれるようです。
道祖神、塞の神(さえのかみ)としても知られている存在ですね。

合わせて、天鳥船命(あめのとりふねのみこと)様も共に祭られています。
この神様は、鹿島神宮のご祭神である建御雷神の副神として、葦原中国に赴かれたと古事記に書かれています。

そして、航海や交通の神である住吉三神もお祭りされています。

ネガティブなエネルギーを払い、新たな気持ちで人生を進むのにうってつけの神社だなと思います。

自分を一段高みから俯瞰できたり、ありのままの姿でいることにご利益を発揮してくれるとも言われているようです。

実際に、非常に浄化力の強い場所だと感じました。
それでいて、圧倒される感じではなく、包み込まれるような、心地よい雰囲気があります。

息栖神社境内



拝殿にて、東国三社を無事お参りできたお礼と心願を捧げました。

息栖神社拝殿



御神木は、夫婦杉と書かれていました。
なぜ、夫婦杉なのかと一瞬思いました。

息栖神社の御神木







しかし、別の角度から見ると、それが分かります。

息栖神社の御神木を別角度にて

このように、二股に分かれているんですね。


この神社の一の鳥居は、少し離れた川べりにあります。

息栖神社の一の鳥居


一の鳥居の横には、忍潮井(おしおい)と呼ばれる泉があります。
案内板によれば、日本三大霊水の一つだそうです。
他の二つは、伊勢の明星井、伏見の直井とのことです。

息栖神社一の鳥居横にある忍潮井

忍潮井は、男甕、女甕として、鳥居の左右に2つありました。


雨まじりの中、参拝者が少なかったため、ゆっくりとお参りができました。

ひっそりとしていましたが、この日廻った他の神社同様、神の存在を強く感じました。
非常に洗われるような気持ちで、スッキリとした気分となりました。

香取神宮や鹿島神宮と共に東国三社として挙げられていることもありますし、合わせてお参りするのがいい神社だと思います。

香取神宮と鹿島神宮、そしてこの息栖神社を線で結ぶと、二等辺三角形を形成するそうです。
とても、神秘的ですよね。

ちなみに、埼玉県さいたま市にある氷川神社は、大宮氷川神社と氷川女体神社、中山神社の三社で形成されています。
この三社を線で結ぶと、直線上に綺麗に並ぶそうです。
そして、その線は、オリオン座のベルトを示しているという話を聞いたことがあります。

神社にも、古代のロマンを感じる事柄が多くありますね。


正直なところ、車がないと、東国三社を一気に巡るのは大変です。
しかし、できる限り、お参りすることをお勧めします。

新年に向けて、心願を各神社に祈願し、ご加護を祈りました。
加護を信じ、ここからは、自分の努力をするのみ。
頑張っていきたいと思います。

弥栄(いやさか)を願って。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2014/12/07 (Sun) 】 雑記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。