091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっと怖い話

陽気の変わり目、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
実は、ドナ夫は、お彼岸時期に合致するように体調を崩しておりました。
体温計で40℃を示す数字を見たのは、二十年ぶりくらいです。
インフルエンザではなく、ただの風邪とのことでしたが、風邪もあなどれませんね。

そんなお彼岸の週末に、両親が泊りがけで遊びに来てくれました。
子供も、じいちゃんとばあちゃんに遊んでもらい、とても喜んでいました。

夕食後に、孫とたくさん遊んだ疲れもあってか、父と母がけだるそうにしていました。
なので、レイキヒーリングを兼ねた肩もみをしました。
まずは父の肩や腰をもみ、とても気持ちよさそうにしていました。

ついで母を揉もうとしたときです。
なんとなく母の左半身に違和感を感じました。

「左側がしんどくない?」と母に聞いてみました。
「うん、左側がちょっとしんどい」と母。

レイキをかけながら、母の肩をもみ、そして腰に手を当ててみました。
左半身が異様に冷たく、右半身が暖かかい、非常にアンバランスな感覚を受けました。
母はあまりマッサージなどを好まないので、短時間で切り上げました。
でも、大分身体が軽くなったようでした。

そのあと、ドナ夫の体に異変が起きました。




妻が、「ねぇ、なんか(ドナ夫の)顔が腫れてきてるよ。」
父も、「おまえ(ドナ夫)、顔の左右のバランスおかしくないか?」

そういえば、耳下リンパ節あたりに違和感を覚え、身体に寒気が走り始めました。
体温も急に1℃くらい上がりました。
鏡を見ると、顔の左側がやけに腫れぼったくなっております。
そして、左半身に痛みが走り始めました。


そう、お察しの通り、霊障ってやつです。。。
母にくっついていた霊魂をありがたくドナ夫がいただきました。

レイキの師匠に常々言われていることがあります。
それは、レイキの使い手を含むセラピストたるもの、人から霊をもらって、癒してなんぼというものです。
ですので、ここはありがたし、と感謝すべきことでございます。。。

とはいえ、自分の体を蝕んだままでは世話はありません。
ですので、浄霊させていただきました。

幸い、ドナ夫の力で取れる程度でしたので、天界におかえりいただきました。
浄霊がすんだら、顔の大きさも元通り、熱も下がりました。

霊障というものは確かに存在するし、お彼岸は特にいろいろあるなぁと、改めて感じました。

実は、我々には、結構な割合で霊が付くことがあります。
付くと独特の感覚を受けます。

麦わら帽子で有名な、とある人気の海賊漫画で、取りつかれるとネガティブになるお化けがいたと思います。
霊に憑かれると、あんな感覚になります。
考え方や感じ方がネガティブに傾きます。
逆に言えば、そういう言動や考え方をする人が霊は大好きなようです。

ですので、日々朗らかに、感謝して過ごすことが大切になります。

母は、堅実で、物事の最悪の面を考え、そうならないようにあらかじめ対処する人間です。
なので、考えすぎると、ネガティブになりがちです。
そうなると、お彼岸のような時期には、特に霊がのってしまうことがあるようですね。

日頃から心楽しく過ごし、身体も適度に動かすことが大切なようです。

取りついた霊にも悪気はありません。
でも、お互いの為にならないので、気を付けて生活したいところですね。
そんなことを改めて感じさせてもらうお彼岸でした。

おかげさまで、すっかり風邪は治りました。
陽気の変わり目、皆様もくれぐれもご自愛ください。

弥栄(いやさか)を願い、目指して。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2015/03/26 (Thu) 】 雑記 | TB(-) | CM(2)
Re: Ariane様
Ariane様

コメントありがとうございます!
そして、ご心配いただき、ありがとうございます。
おかげさまで、今はすっかり元気に過ごしております。

ドナ夫の今回の高熱は、どうも霊障ではないようです。
もともと春先は苦手な季節ではありますが、とある神社群にお参りしたことによる浄化がかなりあるなと感じています。
熱はしんどいものではありますが、いい経験をさせていただいたと思っています。

Ariane様ご夫妻も色々とご経験されておられるのですね。
霊媒体質が強い場合には、特に気を付ける必要があるかもしれませんね。
いずれにせよ、自分自身が強くなれば、影響を受けづらくはなりますもんね。
石のお直しのように、生霊の方がやっかいな気もしますが。。。
でも、生きていれば種々あるのが常ですから、前向きにいくのが一番かなと思います。
その辺りは、Ariane様ご夫妻は良くご存知かなと思います。

桜がとてもきれいな季節になりましたね。
花を愛でながら、日々を楽しく過ごしましょう!
ありがとうございます。
【 2015/03/29 】 編集
ドナ夫さま、こんばんは^^
40℃のお熱とは、大変でしたね。
もうすっかり良くなられたとのこと、何よりです。
うちの主人も若い頃、霊障で40℃を超える熱が数日続いたことがあったそうです。
でも、それは主人が悪くて、わざわざ心霊スポットなんかに行ったのです。
その日の内に原因不明の高熱が出たそうで、それで懲りたようです。

私はそういう形での霊障は受けたことは殆どありませんが、30歳前後の頃、やたらと憑依されて参りました。
私自身、すぐ前の前世で30歳くらいで死んでいるかな(?)というような感覚があるのですが、何かそういう悪い時期でした。
私は、ドナ夫さまがおっしゃっているその漫画は存じておりませんが、憑依されると別世界というか、別の感覚になりますね・・。
憑依は、おかげさまで、ある時期を過ぎる頃から全くなくなりました。
ただ、近年でも、天然石アクセサリーのお直しとかは、迂闊にすると、ちょっと身体に来たりしますね・・。

お彼岸やお盆の頃というのも、何かありますね。
以前拙ブログでも書きましたが、やっぱり主人がお墓参りで幽霊を見た、というか、霊が乗ってきたタクシーに、私たちが乗ったということがありました。
また、お彼岸の初日にお墓参りに行ったら、辺り一帯のお墓から視線がすごくて・・・やっぱり気持ちが悪いので、それ以来、初日は避けるようになりました。

つい長々と、失礼しました。
【 2015/03/28 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。