071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

虚しさを伴う疲れについて

皆さんは、日々の疲れをどのように感じますか?
「あ~、やり遂げた~、お疲れ~」のように、快い疲れで一日を終えていますか?
それとも、虚しさを伴う疲れを感じていますか?
あるいは、やる気がおきないくらいの重い疲れを感じていますか?
今回は、疲れについて考えてみたいと思います。

機械ならぬ身、何かをすれば疲れるのは当然です。
でも、通常であれば、休息や睡眠を取れば、疲労は解消されるはずです。
ところが、虚しさを伴った疲れの場合、簡単に取れないかと思います。
では、虚しさを伴う疲れはなぜ起きるのでしょうか?





人間には、思考と感情があるかと思います。
何かをする際に、思考と感情の方向が一致しているときには、疲れに虚しさは伴わない。一致していないと、虚しさを伴う疲れを感じる。
ということはないでしょうか?

ここで一つ例を挙げたいと思います。
家の庭の植物を手入れする必要が発生したとします。
Aさんは、ガーデニング作業が大好きな人だとします。
Bさんは逆で、ガーデニング作業が大嫌いな人だとします。

Aさんは、庭の手入れに取り掛かるためのモチベーションについて考える必要はないはずです。
庭の手入れが必要となったら、喜んでその作業に従事すると思います。
そして、ガーデニングでどのようなことをしようかという方向に思考を向けていくはずです。

庭の手入れについて、考えることも、実際に行動することも、どちらも楽しいかと思います。
作業が終わった後は、やり遂げたという心地よい疲労を感じることでしょう。
夕時のビールも相当美味しいでしょうね!


一方で、Bさんはどうでしょう?
庭の手入れに取り掛かる前に、そのためのモチベーションを上げる必要が出てくると思います。

「やりたくないけど、庭の草がボウボウだとみっともない。世間体もあるから、なんとか片付けよう。」
「作業が終わったら、自分へのご褒美に、何かを買おう!」
「庭作業で体力を使えば、心身の健康にもなるし、痩せるはずだ。」

など、種々の理由付けを行って、作業をなんとか始めようとするはずです。

となると、好きでやっている場合に比べて、思考はモチベーションを上げるなどの狭い領域に閉じ込められている状態となります。
考え抜いた割には、感情はそっぽを向いています。
そして、やり遂げた後の疲れは、おそらく心地よいものとかけ離れたものになるのではないでしょうか?

感情とかけ離れたことを思考で無理やり方向づけてやろうとすると、その離れ方が大きいほど、虚しさや無力感を生み出してしまうように思えます。
虚しさや無力感を癒すため、種々のご褒美や快楽に時間やお金を費やしてしまうということはないでしょうか?

虚しさや無力感は、病気を生み出す元にもなります。
やりたいと感じることをやれるように、少しずつでも自分の周りの環境を整えていく努力が必要になるかと思います。
自分が何をしたいのかを胸に手を当てて聞きだし、それを少しずつやってみませんか?

また、自分のやりたいことをやることに関して、これを是とする雰囲気を作り出していきませんか?
例えば、楽しそうなことをしている人をたとえそっとでも応援してあげることから始めるというのはいかがでしょうか?
巡り巡って、自分にもその影響が波及してくると思います。
ドナ夫もこのことを心がけて行きたいと思います。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2013/07/25 (Thu) 】 感情 | TB(-) | CM(10)
Re: まさに…
凛様

コメントありがとうございます!
ご家族や生活のこともありますから、大きな変化はなかなか難しいのが実情ですよね。
でも、少しずつでも、自分が望む方向に向かっていけるといいですよね。
【 2013/07/28 】 編集
まさに…
最近私は、仕事ばかりではなく、好きなヒーリング関係のことを大分やれるようになってきました。それでも、時間、金銭面などの理由から、まだイマイチ大きなシフトをするにはいたりきれていません。でも、少しずつでも心地よい疲れの方を生活に増やして行きたいなとおもいました。
【 2013/07/27 】 編集
Re: タイトルなし
Ariane様

コメントありがとうございます!
記事がお役に立てたのであれば、とても嬉しく思います。
この話題に関する記事を次もアップする予定です。
その記事も何かお役に立てればいいなと願っています。

Ariane様の心の欲する願いが実現することを信じ、願っております!

【 2013/07/26 】 編集
「自分のやりたいことをやることに関して、これを是とする雰囲気を作り出す」、「楽しそうなことをしている人をたとえそっとでも応援してあげる」。。。とても優しい言葉だと思いました。
ちょうど今、人生の曲がり角に来ていて・・・とにかく心が望む方向に進むしかないかな、と思っていたところで・・・勇気付けられます。
【 2013/07/25 】 編集
Re: タイトルなし
ジャム様

コメントありがとうございます!
パネルシアターで子供達やそれを取り巻く大人たちの笑顔を作り出すジャム様の活動は、達成感に満ち溢れたものではないかと推察しています。
お好きであればこそ、ご自身が笑顔で情熱をもって取り組まれ、その活動に多くの方が共感されているのではないかと思います。
まさに、スピリチュアルの説く教えをこの三次元で実践されているのだと思います!

今後のますますのご活躍を期待しております。
暑さが戻りましたので、くれぐれもお体を大切になさってくださいね。
【 2013/07/25 】 編集
こんばんは!
う~む深いですね。
確かに心地よい疲れ、どうしようもない重い疲れがありますからね。
心地よい疲れの時は自分にとって好きな仕事が出来ていたと思いますし、
その逆はなにか気持ちが向いていないこともあったりとふと考えてしまいますね。
やりたいと感じる気持ちを見つけて日々頑張っていきたいものです(#^.^#)
【 2013/07/25 】 編集
Re: タイトルなし
まーさん様

コメントありがとうございます!
まーさん様に今必要なメッセージが記事に入っていたのですね。
同じように感じる方がいらっしゃるというのは、とても大きな励みになります。

スピ的に言うと、いまこの時期は、エネルギーの大きな変わり目だそうです。
本来の自分を取り戻したくなる人がとても増えるそうです。
有名な引き寄せの法則もありますし、心地よい世界を自ら引き寄せたいですよね。
ありがとうございます。
【 2013/07/25 】 編集
Re: タイトルなし
ダメパパ様

コメントありがとうございます!
ジーンとしたとのお言葉、とても嬉しく思います。
記事が少しでもお役に立てたのであれば、幸いです。
ありがとうございます。
【 2013/07/25 】 編集
ドナ夫様

>やりたいと感じることをやれるように、少しずつでも自分の周りの環境を整えていく努力が必要になるかと思います。
自分が何をしたいのかを胸に手を当てて聞きだし、それを少しずつやってみませんか?

私が今思っていることそのままなので、驚きました。
少しずつ実践していくつもりです。

絵本作家のターシャ・テューダーは「自分のしたいことをする」ための努力を怠らない人でした。好きなことに没頭して、天寿を全うしました。彼女の美しい庭、手仕事、料理、生き方、どれも素晴らしく、憧れです。


>楽しそうなことをしている人をたとえそっとでも応援してあげる
ステキですね。
自分の人生を相対評価せず、個人内絶対評価で生きていけば、きっとこんな生き方が出来るのだと思います。それは自分にも返ってくるのですね。
【 2013/07/25 】 編集
こんにちは!

記事の更新を楽しみにしておりました。
今回も、ためになるお話しで有難い限りです。

『楽しそうなことをしている人をそっとでも応援する』ことから始める、と書いていらっしゃいますね。巡りめぐって自分にも波及すると。
この部分を読んで、なぜかジーンとしちゃいました。

朝から、爽やかな気持ちで仕事に向かえます。
いつもありがとうございます♪
【 2013/07/25 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。