071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

好きなことを仕事にするのは間違い?

人間、好きなことを仕事にしたいですよね?

一方で、好きなことを仕事として選ぶのは間違っているとか、
ただ苦しみを生むだけだと、著名な方が発言されているのを時折見かけます。

先日、「いつやるの?今でしょ。」で有名な林修さんが、
好きなことと仕事は分けて考えた方が良いと、TV番組で発言されていました。
好きなことでも、プロフェッショナルとしてお金をもらえる技術がないなら、
それは仕事として成立しないと。

実際、好きなことを仕事にして良いのか?それともダメなのか?
どちらなのでしょう?




ドナ夫は、好きなことを仕事にした方がいいと思っています。
ただし、本当にその仕事が好きで、愛を持ってその仕事に臨む事が条件になるかと思います。
本気度がより問われると思います。

好きな事を仕事にしていれば、その仕事についてとことん突き詰められるし、
疲れを感じづらいでしょう。
更に、アウトプットに愛を込めることもできるのではないかと。
まさにプロフェッショナルとしての心構えそのものではないでしょうか?
たとえ一時はうまく行かないにしても、そこから必要な学びを多々得られるはずです。

人間は、魂の持つ目的を果たすために生まれてくると言われています。
魂の目的に沿う時、物事がスムーズに進んだり、心地良さを感じるみたいです。

大好きなことというのは、魂の持つ目的にかなり近いのではないでしょうか?
となれば、魂の目的は、その人の好きな事として、
生まれてきた体にインプットされているのではないでしょうか?

もし魂の目的にかなっていれば、かならずその素養が備わっているはずです。
努力すれば、きっとその分野で花開くかと思います。
しかも、他のことに比べて、努力も苦にならないはずですし。

ところが、この三次元世界には、良きにつけ悪しきにつけ、
種々の情報や刷り込みが存在します。
あれはかっこ悪いとか、この生き方の方が楽だとか。

こういった、ある意味雑音となる情報や刷り込みによって、
本当にやりたい事が分からなくなったり、ゆがんだりしてないでしょうか?
その結果、正しい仕事を選べなくなっているのではないでしょうか?

種々の雑音と決別し、自身にきちんと向き合って、
本当にやりたい事を洗い出して見る事が重要になるかと思います。

本当にやりたい事を洗い出して、それを仕事にしたら、
素敵な事が起こるのではないでしょうか?
これも一つの浄化ですよね。
自分自身の洗い出し、心がけて行きたいと思います。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2013/06/13 (Thu) 】 仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。