091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

込めた愛に見返りを求めない

前回、「何かに愛を込める」と題して、今行っている作業に愛を込めることについて書きました。

その際に、とても大切なことがあります。
今回は、それについて書きたいと思います。
「言うは易し、行うは難し」ですが、それを承知で書きます。




ずばり、やったことに見返りを求めないことが大切です。

やった工夫を相手に褒められたり、善意に対してお礼を言われないと、カチンときたり、悲しくなる時がありますよね?
でも、これは見当違いな了見なんです。
しかも、愛を込めたつもりで、結局は欲を込めたことになっています。

この世に愛を振りまくつもりで、毒を振りまくのと同じことになってしまいます。
これでは、せっかくの行いが台無しです。
ここが難しいところですよね。

自分や自分の行為に対して、自分以外の誰かが評価してくれることを求めたり、感謝してくれることを期待するのではなく、ただ愛を込めることができたことを喜ぶ姿勢が必要になります。

誰かが評価しなくても、天はキチンと見ていますし、必ずそのご褒美はいただけると思います。
天からのご褒美は、自分が期待する形や時期とは異なることもままあるかとは思いますが。。。

難しいとは思いつつ、是非心がけたいと思う次第です。

この世が更なる愛で包まれますように。
【 2013/06/18 (Tue) 】 心がけ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。